2016年06月10日

ジャズフェス海風サポートステージについて

仙台、秋の風物詩・・・
街中がステージとなり、プロもアマも参加できる
世界に誇れる音楽祭・・・。
定禅寺ストリートジャスフェスティバル

今年も、9月10日(土)、12日(日)に開催されます。

振り返れば・・・
2008年までのジャズフェスには
王道のジャズはもちろん
オールディーズ、ブルース・・・と
音楽ジャンルに特化したステージがありました。

でも、フォークソングは無かった。

海風を開店したことを機に
フォーク(アコースティック)に特化したステージを作ろうと思い
当時のジャズフェス委員会に直談判。
結果、2009年のジャズフェスから
海風サポートステージ」が誕生しました。


さて・・・
例年、ジャスフェスへのエントリー締め切りと同じタイミングで
サポートステージ配置予定表」という書類が届きます。

つまり、海風の誰がエントリーしていて
合格した際には、何曜日の何時から歌いたいのか?
・・・ということを記載する書類です。

毎年、エントリーした皆さんが合格する事を願い
配置予定表を記載し、提出していました。

配置予定表という書類がなぜ、あるのか?

それは、サポートステージの存在理由にあります。

サポートステージとは?
ジャズフェス開催当日のステージ運営協力を
団体または企業様にお願いし
ステージの運営の円滑化、開催趣旨の共有化を目指す。
また、ご協力いただくステージにて出演者などの
演出にご協力いただく。


この主旨を受け、海風サポートステージは
1年、1年、経験を積み重ね
フォークファンを飽きさせない出演者を並べての演出。
スタッフは、すべて海風のお客様。
出演者もスタッフも一体になってジャズフェスを盛り上げてきました。

ジャズフェス当日にスタッフと出演者が初めて会う他のステージより
数段もクオリティの高い、そして、安全なステージ運営だった自負しています。


そういうステージを作る第一歩
サポートステージ配置予定表の記載でした。



今年もエントリーが終わり、配置予定表の到着を待ちましたが
待てど暮らせど届かない。

しびれを切らして、問い合わせました。


その、回答は・・・

今年はサポートステージのあり方を含め検討中。
スレージが設けられても、
配置予定数の制限を設けるかもしれない。
もうしばらく、待ってほしい。



そして、2度目の回答。

サポートステージに配置できるバンドは
1日上限3組まで。
つまり、2日で6組の配置希望とすること。


当然、
なぜ、上限を設けたのか委員会に問い合わせをしました。


そして、その回答は

年々増え続ける応募に比例し
サポートステージ出演の推薦枠の問い合わせも増加してる。
それに伴い、サポートステージ自体の実施を検討した。
その結果
サポートステージは実施するが、推薦枠を限定することにした。
広く音楽の門戸を広げ、また、仙台の音楽環境が仙台の中ではなく
広く日本、世界に開ければと考えている。
それがひいては仙台の音楽シーンを高める第一歩と思われる。


判りやすい回答が届きました。
推薦枠を減らして、一人でも多くの方に参加させたいとのこと。
運営側としては、当たり前の考えです。
でも、もっと早く教えて欲しかった。
せめて、エントリー開始前に知らせてくれれば・・・。


海風サポートステージは7年の歴史があります。
サポートステージの改定を理解しつつも
現実は、そう簡単ではありません。

今年も海風のお客様から12組のエントリーがありました。
皆さん、海風サポートステージで歌うことを目指し
歌うからには、海風サポートステージに泥を塗るわけにはいかない
出るからには、海風サポートステージを盛り上げなきゃいけない
・・・という、意気込みで日々、練習を重ねてエントリーしました。

その中から、6組を選ぶことなど、私には出来ません。
12組全員が合格し、サポートステージで歌うことに意義があります。
そして
海風サポートステージで海風の皆さんが歌うからこそ
海風のお客様に声をかけ、スタッフ(裏方)を集めることが出来ました。


実行委員会は、運営のみ考え
サポートステージをしてきた側の立場(苦労・実情)を無視しました。
ただただ、残念でありません。


何度も言いますが

今年も12組のエントリー。
その中から、6組を選ぶことなど、私には出来ません。


出来ないなら辞めるしかない!!

苦渋の決断ながら
ジャズフェスから海風は
撤退
・・・させて頂くことを決めました。


この7年間
海風サポートステージを支えてくれた
スタッフ、出演者の皆さん。
海風サポートステージを楽しみして
足を運んでくれた市民の皆さん。

本当にありがとうございました。

今年から海風サポートステージはなくなりますが
合格した海風の皆さんは、どこかのステージで歌っています。
判明次第、このブログ上で紹介しますので
ぜひ、応援に駆けつけてやって下さい。

苦渋の決断だったと理解していただければ幸いです。

全ての皆様に感謝します。
7年間、応援と支援、ありがとうございました。


最後に・・・
今年も海風サポートステージで歌うことを目指し
エントリーした皆さんには申し訳ない思いで一杯です。

心から、謝罪致します。
力足らずで、申し訳ありませんでした。




2016年6月 海風 BIN




<追記>

本当は、ジャズフェス実行委員会に対して
海風サポートステージ設置および運営に
いろいろと助言と御苦労をおかけした
実行委員会の歴代サポートステージ担当の皆さん
大変、お世話になりました。

・・・という、お礼を込めた文章が本文にあったのですが
辞退をメールで申し出て、今日(6,10)で6日・・・。
実行委員会から一切の連絡がありません。
わかりました」とか「お世話になりました」とか
礼儀として、それなりの返事があって然るべきと思います。
辞退したのだから、もう、関係ないということなのでしょうか・・・?